s u n ' i n 柴 根 県 ⁺

歩ったり → & ↓ 潜ったり

三瓶山!ちょっと道迷い・・・

▼きのぉ・・・
先週の日曜は紅葉は見ごろとのことで行ッたのに
ガスッてて眺望も紅葉もイマイチだッた登山だッたし
コース間違ッて行けなかッた目的地
「室内ノ池」へ今週リトライ!
しかし・・・
紅葉はこの一週間で『色あせ始め』らしい!?し
ココ2~3日は11月としては5年ぶりの「黄砂の秋」
またもぉ!!!うッすら靄に包まれた『三瓶山!』☆\( ̄∀ ̄川 なンでやねン!
・am8時杉「三 瓶 自然館サヒメル」駐車場ぉ到着ぅ!
早速ぅ二者一犬!
朝食パクついて ( ゚ー( ゚)モグモグ( ゚ー( ゚川モグモグ▼ ゚ー( ゚▼モグモグ
私が食べ終わッたころには「駄輪とセブン」は芝生広場を
『鬼ごッこ』で走り回ッてたぁ ┐(;^_^川┌ ゲンキ~ィ!

 

今回は5時間のモデルコースを
「姫逃池」登山口から再チャレンジ!^^/
・am9時杉 スタ┣ォー! (」゚ロ゚)」おぉ
イメージ 1

私は・・・
水筒とカメラのみィ~(^^ゞ
駄輪は・・・
レインウェア等二者一犬分もろもろで
5kgパック+αを背負ッてまするぅ
v(^_-川 ガンガレェ~!

 

先ず目指すは『男三瓶山』頂上へ 2時間弱!?
前回の下山コースなので見覚えのある山道のはずだが・・・

 

イメージ 2

やッぱり上り下りでは風景も見え方が違うし覚えてないンだなぁ~ ^^?

 

イメージ 3

すると「男三瓶山頂上90分」と『←標識』があッたので
その通り!?どンどン進ンだらぁどンどン下ッてく!!!
登りでも多少の「UP・DN」はあるものだが・・・
暫くして奇怪しい変だ変だと「駄輪」が疑い始めた!

 

イメージ 4

登山の鉄則は・・・
『迷ッたら知ッてる場所まで戻れ』
憶測で進むな!だと・・・

 

>「頂上90分←標識!」まで戻ッて標識を再確認すると!
標識が若干右に振れている!!!!
あッ!道があるぅ~ Σヾ(゚Д゚)ノ
ここは超ぉ鋭角な分岐点だッた!  _(_”_;)_バタッ ツカレルゥゥゥ

 

イメージ 5

直進ではなく右折だッたと登頂ぅ続行ぅ!
迷歩?往復30分位のロス!でも
・am10時半杉に山頂到着ぅ
イメージ 6

山上はやはり風彡彡彡彡ビュー彡(((=_=)))彡ビュー彡彡彡彡 サブサブッ!
寒すぎて留まれないので
登頂証拠写真を撮ッて

 

イメージ 7

・am10時45分に出立ぅ!

イメージ 8

下り始めると目標の「室内ノ池」が望めたぁぁ~

 

イメージ 9

下山は急降下でよく滑るので写真どころではないし
より慎重になり下る方が時間が掛かッた
急坂を下りきッた地点が「子三瓶山」と「室内ノ池」の分岐!

 

イメージ 10

しッかり靴ひも結び直してGOぉ!^^/
・am11時半に「室内ノ池」到着ぅ!
イメージ 11

 

イメージ 12

 

イメージ 13

池の周りポツポツとベンチがあり別々の2組の女性グループが
それぞれガスバーナーでラーメンを煮炊きし
おにぎりやお弁当と合わせてガッツリ食べてはッたぁ~!!( ゚ー( ゚)モグモグ
結構ぉキツイ「UP・DN」のある山行に重いバーナーと煮炊き用鍋と
ラーメン用の水まで担いで逞しいなぁと「駄輪」感心してたぁ・・・└(*^⌒^*)┘
私達は携行食(レーション)で簡単に済ませ

 

イメージ 14

セブンには「おやつン!」▼^人^▼/
・pm12時には次成る目標ぅ「女 三 瓶山」頂上を目指す!
イメージ 15

30分ほど上ッて「峠休憩場」に到着!
更に少し上がればスキー場リフトで上がッて来られた
観光客の方々と出会う! ^^;

 

イメージ 16

 

イメージ 17

で最後の登りで「女三瓶山」頂上へ20分ほど上り

 

イメージ 18

ここから一気に急坂をひたすら下山!
やがて広く続くコンクリ道に出た先にトイレがあり
奥にひッそり細い山道があるが・・・
その中間に「管理道につき通行禁止」と書かれた「標識」があッて
どッちの道の事を通行禁止してるのか判断がつかない???

 

イメージ 19

迷ッた挙げ句コンクリ道を選ンで下山再開ぃ
結局ぅ間違ッた選択であッて2kmほど多く歩かされて
・pm2時杉に駐車場ゴール!でしたぁ^^;

●細い山道のそばに標識を建ててほしかッたなぁ ヾ('-'川